【重要】新型コロナウイルス感染症拡大に伴う、現在のサービス提供状況について(随時更新)

「ドッグトレーナーによる犬語講座」の定期開催を始めました

あけましておめでとうございます。

またブログをサボっています。
シェルパ・ペットサービスの手操です。

去る2021年12月26日、第一回目の「ドッグトレーナーによる犬語講座」を開催しました。

この講座は、2019年12月、長浜市のさざなみタウンのオープンイベント?である「ながはまコミュニティカレッジ」にて開催した同タイトルの講座(満員御礼!)を、大幅にパワーアップしたものです。

今回、大雪にもかかわらず参加してくださったみなさま、ありがとうございました。

…さて、ご参加くださった方はお分かりいただけるかと思うのですが、

「犬語の話=犬のボディランゲージの話」というのは、基本的に、
皆さまがお聞きになっていてルンルン・ウキウキする話ばかりではありません。

「犬とこんなことすると、こんな風に楽しいよ!!」

…という話がメインなのではなく、

「こういう時は犬がストレスを感じている可能性があります」
「犬の言葉を無視すると、こんなリスクがあります」
「犬がストレスを感じている可能性があるときは、こうしましょう」

…という話がメインです。

今までのご自分を見つめ直して、落ち込まれる方もいらっしゃると思います(かつて私もそうでしたし、今でもそうです)。

でも、本当に大切な話だからこそ、一番最初にこの講座の企画をしました。

今後はもちろん「犬とこんなことすると、こんな風に楽しいよ!!」的な内容のセミナーも企画していきたいと思っています。

しかし、犬と何かを楽しもうとする上でも、今回の「犬語講座」の中でお伝えしている知識は絶対に必要になってきます。

「こうしたら犬は楽しんでくれるよね!」
というのは、私たち人間が決めることではありません。

犬が本当に楽しんでいるかは、犬が決めること。

遊び、散歩、トレーニングなどなど。
それを犬が楽しんでいるか、そうでないのかを判断するためには、犬語の知識が必要です。

ただただ人間の楽しみや思いを押し付けるのではなく、“犬と一緒に”生活を楽しみたいという飼い主さん。
今後も定期的に開催していく『ドッグトレーナーによる犬語講座』へ、ぜひぜひご参加ください。

皆さまからのお申込み、首を長くしてお待ちしております。

↓詳細・お申し込みページはこちら↓